住宅改修工事

介護保険の認定を受けている方は、下記の住宅改修が
年間20万円を上限として1割の自己負担で工事できます。

  • ※必ず施工前の事故申請が必要です。
  • ※住宅改修の給付は原則1回のみですが、転居や身体状況が大きく変化した場合は再度給付されます。
  • ※住宅改修工事の利用方法は市長区村により異なる場合がございます。
  • ※詳しくはふれあいサポートの相談室までお気軽にお問い合せください。

お気軽相談室へ

家の中にあるさまざまなバリアと対策

  • 障壁(バリア)を解消するのがバリアフリー。
  • 例えば敷居などの小さな段差が転倒の原因となったりと、本来安らぐ場所である自宅にも不安の種はたくさんある。
  • バリアをそのまま放置してしまうと行動範囲がせまくなり、健康を害する結果に。
  • あらゆるバリアを改善することで、介助者の負担も軽減されます。

家の中にあるさまざまなバリアと対策

介護保険で適応となる住宅改修

  • 手すりの取り付け。
  • 段差の解消。
  • 滑りの防止及び移動の円滑等のための床又は通路面の材料の変更。
  • 引き戸等への扉の取り替え。
  • 洋式便器等への便器の取り替え。
  • その他(1〜5への住宅改修に付帯して必要となる住宅改修)。

事前に必要な書類

  • 住宅改修支給申請書
  • 内訳書、領収書
  • 理由書
  • 改修前、回収後の日付入り写真
  • 承諾書(住宅所有者が被保険者本人以外にいる場合)
  • その他(介護保険証、本人名義の貯金通帳等)

改修事例のご紹介

玄関アプローチの改修

玄関アプローチの改修前 玄関アプローチの改修後

玄関ポーチ階段の改修

玄関ポーチ階段の改修前 玄関ポーチ階段の改修後

浴室の改修

浴室の改修前 浴室の改修後

トップへ